父の家計簿〜りっぱな父親を目指すブログ〜

立派な父を目指して精進する30過ぎの器用貧乏なサラリーマンのブログです。節約・貯金・投資・子育て・家事の話盛々

<福岡に転勤が決まったら>子育てファミリーにおすすめの福岡の住みやすい街5選

どうも!こんにちは、りっぱぱです。


転勤族にドキドキな春の人事異動シーズンが近づいてきましたね。

かくいう僕も実は大阪に転勤が決まりましたー!

大阪出身なんで僕としては、他の地域に行くよりは歓迎なんですが、今住んでいる福岡から離れるのは寂しいものがあります。

今日はそんな転勤族の僕が福岡で仕事&生活してみて感じた、子育てファミリー転勤族におすすめの、福岡の住みやすい街を5つご紹介します!


<勤務地が博多か天神なら>

まずは福岡の中心、博多にも天神にも通勤しやすく、転勤族の子育て&生活環境のしやすい3つのエリアをご紹介です!


◆西新・藤崎エリア


f:id:rippapa:20210210000705j:image

地下鉄空港線西新駅藤崎駅周辺のエリアは転勤族に圧倒的な人気があります。

おすすめの理由の1番は教育関心度の高さ!

西新駅周辺には、福岡県のトップ公立高校の修猷館や私立の伝統校である西南学院がありあます。それもあってか、駅周辺は学習塾も多く、お勉強環境には全く困らないです。

さらに藤崎・西新の北側にある百道エリアには、福岡タワーや博物館なんかもあります。

さらに救急病院となる福岡市急患医療センターや福岡山王病院などの大きな病院も近くにあって安心です。

駅周辺で買い物もできますし、ちょっと行ったところにはMARK ISという大型商業施設があり、休日のお買い物も楽しめます。

学生の街でもあるので、お買い得なお店も多いのですが、百道を始め高級住宅街のあるエリアでもあるので、ちょっとお家賃は高めの設定かと思います。


姪浜エリア


f:id:rippapa:20210210000956j:image

続いては、西新駅藤崎駅と同じ地下鉄空港線沿線の姪浜駅周辺のエリアです。

このエリアのおすすめの理由はバランス感です!

博多駅には地下鉄で20分、天神には15分ほどと抜群のアクセスかつ、地下鉄の始発駅で朝のラッシュ時も座って通勤できる快適さ。

さらに、ファミリー向けの物件も多く、実際に転勤族も多いのですが、西新・藤崎エリアと比べると家賃がお安めに設定されていることが多いです!

というのも、福岡出身の方(特に高齢の方)から言わせると、姪浜の東側(博多・天神より)を流れる室見川を渡ると、そこはもう福岡ではない!という意見があるのです。

ちなみに藤崎・西新エリアは室見川を渡りません。

昔は姪浜エリアは漁村みたいな場所で決して都会ではなかったのです。

とはいえ今は完全に都市化していて、駅の周辺での買い物や子育てには困りません。

スーパーもありますし、駅から徒歩5分のウェストコート姪浜にはレストランやスタバ、スポーツジムなんかも入っています。

駅南側の姪浜中央公園には平日・休日問わずたくさんの子どもたちが遊んでいて、転勤族のお子さんもすぐにお友達ができると思います!

休日は能古渡船場から船に乗って能古島に行くものおすすめです。


◆千早エリア


f:id:rippapa:20210210001159j:image

次は、JR&私鉄西鉄の千早エリアです。

JRで博多駅まで約10分、西鉄から地下鉄に乗り換えて天神には30分ほどで通勤できます。

千早駅周辺はここ15年ぐらいで再開発が進んだエリアで、転勤族だけでなく福岡県内から分譲マンションを買って住まれている方も多いです。

ただ、街の再開発に伴って生まれ変わった感もある街なので、排他的なエリアでは決してありません。

また、駅周辺もきれいな公園が複数あって子どもの遊ぶ場所には困りません。

さらに、車で10分、バスで15分行った先には、福岡市が今すごく力を入れている人工島、アイランドシティ照葉があり、その中には大きな公園(照葉中央公園)や2020年にできたショッピングモール(アイランドアイ)、さらにはバスケットボールのプロリーグも開催されている体育館(照葉積水ハウスアリーナ)などが利用できます。

アイランドシティまで行かなくてもイオンがあったりと何かと便利な街です。

ただ、千早駅徒歩圏にはそん何買い物の利便性が高いわけではないので、注意が必要です。


天神駅に通勤するには>

博多駅ではなく、天神にアクセスできればそれでいい!という方は次の2つのエリアもおすすめです!


◆高宮エリア

福岡市南区のエリアで電車で天神まで7分と超好立地です。

自転車でも十分通えるエリアで、実際僕の同僚は高宮周辺から博多駅まで自転車で通勤しています。

高宮駅の魅力はその立地と、近接する福岡市中央区博多区と比べて治安が良いところです。

刑法犯件数は中央区博多区の半分という方向もあります。

特に、中高生のファミリーであれば、子どもの自転車での活動範囲も広いので、検討してみても良いのではないでしょうか。

一方で幼児をお持ちのファミリーは、個人的には藤崎・西新や姪浜のほうが子育てメリットが多いような気がします。


◆六本松エリア

最後に紹介するのは地下鉄七隈線六本松駅周辺エリア。

このエリアは、転勤族ファミリーだけでなく、福岡市全体で注目のエリアです。

2017年頃から九州大学の跡地を中心に再開発が進み、現在では非常におしゃれでハイセンスな街に生まれ変わっています

駅周辺には福岡市科学館やスタバ併設の蔦屋が入った複合施設なんかがあります。また、福岡の癒やしスポット大濠公園にも徒歩で行ける好立地で、子育て中のファミリーの休日が充実すること間違いなしです。

駅周辺で買い物には困らないですし、エンタメにも困りません。さらに、元学生の街だけあって、ちょっと路地に入ったら、コスパの良い飲食店なんかも多いです。

2021年時点では、天神へのアクセスは良くても博多に行くにはちょっと不便という感じですが、地下鉄七隈線が2022年に博多まで延伸予定なので、今後さらに利便性も高まることが期待されています!

 

いかがだったでしょうか。

この5つのエリア以外にも、大野城や糸島など福岡市以外のエリアでもおすすめの住みやすい街がたくさんあるのが福岡の魅力です。

転勤族で来て、そのままマイホームを買ってしまう人も続出するほど魅力的な街、福岡。

もし、福岡転勤が決まったら、落ち込まずに家族みんなでぜひエンジョイしてください!


ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!

【写真提供:福岡市】

まるごと福岡博多|コラム一覧