父の家計簿〜りっぱな父親を目指すブログ〜

資産形成も子育てもできる立派な2児父を目指すサラリーマンが節約・投資・子育て・家事の話を発信中

【暦のせい】3月の家計簿が早くも絶望的になった話。

どうも!ひな祭りに出張中の、りっぱぱです(節分も出張中だったのよ)。

みなさん、家計簿はつけていますか?

僕は毎月つけています!と言っても、マネーフォワードMEでほとんど自動化しているんですけどね。「まだ家計簿つけていない」「家計簿はめんどくさそう」という人には、マネーフォワードおすすめです!

で、そろそろ2月の家計簿が確定する時期なんですが、まだ2月末のクレジットカードの決済分が反映されていないので、2月の家計簿の結果はまた別の記事に載せようと思っています。

それよりも、今日は3月の家計簿は早くも絶望的なことになっている件について、愚痴をこぼさせていただきます。3月3日のひな祭りに何を書いてるねんという感じですが、お付き合いください。。。

 

 

2月家計簿の概算

家計簿をつけてらっしゃる方の多くは、おそらく2月は他の月に比べると支出が良化しているのではないでしょうか?そうです、28日までしかないですからね!普段より2〜3日少ないので、単純にその分の支出が抑えられていると思います。

うちの場合は、2月末のクレカの反映を待たないと正式な支出は出せないのですが、今の時点で支出が約30万円になっています。いつもより多い!んですが、このうち約13万は去年買った投資用の中古ワンルームマンションの固定資産取得税なので、実質的な生活費は17万円となっています!!!

すごい!!!普段は25万前後になるように頑張っているので、これは驚異的です!!専業主婦の妻と3歳5歳の家族四人でこれは、我が家史上最低出費ではないかと思います!!!さすが、2月。日が少ないだけある!素敵!!

はい、そんなわけないですね。2〜3日短いだけで普段より8万も出費が抑えられるわけがありません。

それじゃあ何が理由か?そうです、暦の問題で2月27日が土曜日だったことが原因です。

これはご家庭それぞれかもしれませんが、我が家の場合は毎月27日に奨学金の引き落としと、不動産関係の引き落としがあります。不動産関係は投資物件のローンの支払いと実家の家賃の建て替えです。なので、実質的には赤字額はそんなに大きくはありません。

ただし、家計簿上はこれ偉いことになります。3月の家計簿が、絶望的に、赤字になります。。。

 

3月の家計簿の現状

3月3日のお昼時点の我が家の家計簿(マネーフォワード)はこんな感じでございます。

f:id:rippapa:20210303221909p:plain

支出、211,995円!!!どっひゃーーー!!

いや、わかっているんですよ、2月の分があとに来ているだけですし、この211,995円を2月の支出に換算しても、2月は黒字になります。これはまた別の機会に。

それでもね、単月の黒字をキープすることがある意味家計簿を続けるモチベーション担っているんですよ。

それが表面上とは言え、月のはじめにこれだけ支出計上されると流石に萎えます。。。

イヤほんと、ショックです。見た目の問題だけなのに。

3月はこの支出分が計上されるので、赤字確定でございます・・・

ちなみに211,995円のうち4万円ぐらいが奨学金の返済、17万円ぐらいが不動産関係です。奨学金痛い・・・痛いよ。

 

最後に

はい、今日書きたかったのこれだけです・・・

だと、本当に愚痴だけになってしまうので、ここから得られる学びポイントを一つだけ。

家計簿なんですが、今の僕も含めて毎月の結果に一喜一憂する方がいらっしゃるのではないでしょうか。毎月の黒字を目指して、それをモチベーションに頑張ってらっしゃる方もいると思うので、それ自体は悪いことではないと思います。

でも、現実的には急な出費、いわゆる特別費が発生して月単位で赤字になることもあると思います。冠婚葬祭や帰省費、たまにある家族旅行なんかですね。30歳前後になると冠婚葬祭も多くなって、もやは特別費でもなんでもないじゃないか!ということもあると思います。僕の本当なら2月の支出なのに、カレンダーの問題で3月の支出になっちゃう問題もある意味特別費です(ちょっと違うけど)。

で、今回の件からの学びですが、家計簿は月単位だけでなく、必ず、半年、1年といったちょっと眺めのスパンで振り返ることが大事ということです! 

意外とこれを見落としているご家庭が多いのではないでしょうか?毎月の結果で一喜一憂して、1年トータルとでみると前年よりも貯金できていないとか、思ったより貯められていないとか。逆に1ヶ月単位だと苦戦した月もあるけど、長い目で見たらきっちり貯金できているとこもあるかもしれません。

なにより、コントロールしにくい特別費ですが、特別費があってもきっちり黒字家計になるために、今年の家計は今まで黒字なのか赤字なのかといった長期の確認は必須になります。

完全に3月の家計簿をみて右往左往している僕ですが、このことを意識して、なんとか心を落ち着かせたいと思います!

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!!