父の家計簿〜りっぱな父親を目指すブログ〜

資産形成も子育てもできる立派な2児父を目指すサラリーマンが節約・投資・子育て・家事の話を発信中

転勤族ファミリーが大阪に住むなら北摂を勧めたい理由3つ!

どうも!こんにちは、りっぱぱです。

僕は大阪出身の転勤族で今は九州にいるのですが、先日大阪への転勤が決まりましたー!

大阪出身なので実家もあるし土地勘もあるので、実家の近く(大阪の南の方)に家を借りようかなと思っていたのですが、奥さんからの「大阪出身じゃない転勤族でも馴染める地域が良い」との強い希望で、実家は周辺は諦めて、家探しをすることになりました。

結局北摂と呼ばれる転勤族に人気のエリアのマンションに決めましたー!

そこで今回は、大阪出身の僕が転勤族として家族で住むにあたり北摂にした理由を書いていこうと思います!

 

北摂が転勤族に人気な理由

北摂エリア転勤族人気な理由≒僕たち家族が北摂にした理由を紹介していきます。

まず、前提として北摂とはどこか?というこなんですが、明確に線引がはっきりしているわけではないようなんですが、ざっくり言うと大阪府の北部のエリアです。

市の名前で言うと、豊中市吹田市高槻市茨木市箕面市なんかが該当します。もちろんこれら以外の市も大阪市より北にあると北摂に含まれることがあるようです。

ただ、転勤族の場合は比較的、梅田〜天王寺までの御堂筋線沿いやJR環状線沿いの駅にアクセスしやすい立地に住むことを望まれると思うので、豊中・吹田・茨城・箕面あたりまでが人気なようです。

それでは、ここからは僕が北摂にした理由、転勤族にとっての北摂の魅力ポイントを紹介していきます!

良い意味で大阪らしくない

まず一つ目は、良い意味で大阪らしくないというところ。僕は大阪、しかも南の方の出身なんでいわゆるコテコテの大阪でも全然大丈夫というか、大歓迎なんですが、大阪出身ではない奥さんは、「コテコテしていないところが良い!」という結構強めな希望を持っていました。

大阪らしくないといっても、具体的にどんなところが大阪らしくないかも見ていきます

・言葉使いが大阪っぽくない

大阪といえば、ダウンタウン明石家さんまみたいな関西弁のイメージが強いと思います。(実はダウンタウン兵庫県の尼崎出身、明石家さんま奈良県出身で大阪じゃないんですけどね)

大阪市、特に大阪の南の方にいくと関西弁も結構強くなってきます。観光地はもちろんこれでもか!という関西弁なんですが、南の方は日常生活でもイントネーションや話のスピード、展開の仕方が漫才チックになります。

ただ、北摂地域は転勤族が多いことや、ちょっと所得層の高い人がいることも関係しているのか、それとも京都や兵庫県など他県に近いこともあるのか、言葉遣いは結構マイルドです。

全く関西弁でないということもないのですが、結構標準語で会話する方も多いです。転勤族が多いですからね。

・教育関心度が高い

これも所得や転勤族の多いことが理由なのかもしれないですが、大阪の南部と比較すると北摂は教育関心度が高いと言われています。公立学校でも小中学校の接続をすごく意識しているような学校もありますし、習い事関係も非常に盛んです。

また、大阪以外から引っ越してこられる方も多いので、コミュニティーの入れ替わりがあって刺激を受けやすいのもいい環境なのかもしれません。

都市部にも自然へもアクセスしやすい

北摂の場所にもよるのですが、例えば御堂筋線から伸びている北大阪急行(江坂駅や緑地公園駅など)であれば、南にいくといわゆるキタと呼ばれる梅田駅やミナミと呼ばれる心斎橋・難波、あべのハルカスのある天王寺まで、乗り換え無しで行ける上、梅田まで10分〜15分という好アクセスです。

一方この沿線の北側には服部緑地千里中央公園など、かなり大きな公園があり、緑豊かな自然も堪能できます。

北大阪急行に限らず、JR沿線や阪急沿線でも梅田には非常にアクセスがしやすく、一方で大きな公園も万博公園や豊島公園など色々とあります。

公園だけでなく、箕面の方には滝なんかもあって、都会と自然を手軽に満喫できる非常にいいエリアが北摂です。

こういった点もファミリー向けには嬉しい要素ですね。

ファミリー向けの賃貸マンションが多い

これは実際に物件を探していて感じたのですが、北摂エリアは大阪市内や西宮何かと比べると、ファミリーで住める3LDK以上のマンションが多いように感じました。

家賃相場も、もちろん物件の設備や立地にもよるのですが、大阪市内よりも安い印象です。

おそらくですが、これは北摂エリアが30年ほど前から再開発されて、その際に建てられた分譲マンションのオーナーが賃貸に出しているからではないかと思っています。

完全に賃貸用のマンションも多かったのですが、分譲賃貸の比較的紹介されました。

色々と物件の条件にこだわりが出てくるファミリー転勤族にとって、選択肢がしっかりあるのは嬉しいですね

 

以上が僕が北摂にした理由です!

次の記事では、北摂のデメリットの部分や、今回の転勤に伴って調べた、他のエリアと諦めた理由なんかも書いてみたいと思っています!

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!